忍者ブログ
「株で絶対に負けない方法は、株をやらないこと」 約三年に渡る株式投資で1000万以上の損失を出した私、九電男が綴る株に関するブログです
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まず最初にポジポジ病とは何か?

ここへ来られる方の大半がご存知かと思いますが、要するに「ポジションを持っていないと落ち着かない状態」のことを指します

休むも相場という言葉があるように、誰しも勝つ自信がないときはポジションを持たずに相場を静観するべきだ、ということを知っているはずです

にもかかわらず、負け組は常にポジションを持とうとします
しかも負けているときに限ってより多くのポジションを持ちたがります

これはなぜでしょうか?
今日はこれを考えてみたいと思います



私のブログは紹介文の段階で、負け組の方へ向けての最大の奥義を授けています
これをやっていれば「絶対に」負けることはないという最大の奥義です

あえてここで繰り返しましょう
「株で絶対に負けない方法は、株をやらないこと」

反論はもちろんありませんね?

株をしない代わりにFXやってます^q^
などと寝言を抜かす人は、帰って寝ましょう

話を続けます

この奥義は絶対確実のものですが、裏を返せば「株をやらないことには決して儲からない」ということでもあります
ポジポジ病にかかってしまう要因は、この点にあります

そもそも負け組になってしまった方たちも、株を始めたばかりの頃は潤滑な資金を持っていたはずです
そして、その資金を増やそうと株を続けてきた結果、相場に大きな資金を奪われてしまった、といったところかと思います

負け組たちの最初の目的は「初期資金を増やすこと」でした
しかし残念ながら資金は減り続け、今の目的はといえば「初期資金まで資金を戻すこと」
どのみち「今より資金を増やすこと」に変わりはないのですが、この両者の違いはトレーダーのモチベーションにあります

元々持っていた100万円を増やそうとする気持ちと、元々持っていた100万円が50万円に減り、その50万円を元の100万円に戻そうとする気持ちは同じ強さではありません
言うまでもなく後者のほうがよりいっそう強い気持ちとなるのです

普通、株式投資に割く資金は、緊急で必要ではない資金であることが多いと思います
貯金か保険か国債か投資信託か、それとも株か、と迷った末「株を買ってみよう」と考えた資金であると思います
言うなれば「たとえ失ったとしても生活に支障は出ない資金」であり、最初の100万円が50万円になってしまったところで、日常生活には何の影響も出ないはずです

しかしながら、失った50万円というのはとても大きな資金です
株式投資の初期資金として100万円を用意することができた金銭感覚の人は、50万円を貯めるのにどれだけ苦労するか知っていることでしょう
もしも株をやっていなければアレが買えた、アレができた、と考えてしまうこと請け合いです

「失ったままにはできない。なんとしてでも取り返さなければ!」

と、まぁこのように強く思うでしょう

最初の100万円の運用が取ったり取られたりの繰り返しであれば、株に対するモチベーションも普通
大きく損さえしなければ、このままでいいかもな、なんて軽い気持ちで相場を見ていられます

しかし、ひとたび50万円もの大金を失ってしまっては、とても冷静ではいられません

一日でも早く資金を元に戻し、平穏な毎日へ戻りたい
「株式投資って面白そうだな」と軽いwktk感さえ覚えたあの頃に戻りたい

資金が元に戻るまで、毎日毎日、こういったことを考えるようになります

そのためにポジションを取りたくなるのです
できるだけ早く資金を戻すためには、とても休んでなどいられません
チャンスだと思ったらすぐに飛びついてしまいます
恐る恐る株を買っていた最初の頃なんてもはや過去のこと
資金を取り返すためだから、といって無茶でも無謀でも何でもやってしまいます

その結果、首尾よく資金を取り返すことができた人は、ここで冷静になることができるでしょう
「オレはなんて無茶なトレードをしてしまったんだ。せっかく資金が戻ったんだからここからはきちんと取り組もう。もう大損してあたふたするのは絶対に嫌だ」とここまでの経緯を振り返って反省することができます

しかし取り返せなかった人はどうでしょうか?
残った50万円が更に減って30万円に、そして今のポジションも含み損に…

こうなってしまっては悪循環です
より減った資金を戻そうと更に躍起になります
最初は「100万円で始めよう」と考えていたのに、定期預金を解約して追加の資金を用意したりします

「残った30万円を100万円に戻そうと思ったら、3倍以上の儲けが必要だが、ここに20万円を足せば、2倍の儲けで済む」
「いや、更に20万足せば、+50%で元通り。希望はまだある」

この思考の推移は「マーチンゲール法」と呼ばれるギャンブルの必勝法に通じるものがあります

「マーチンゲール法」とは、私も過去のブログの記事で紹介しましたが、要するに以下のようなことです

コインの裏表を当てるゲーム
当たれば掛け金倍、外れれば掛け金没収

1戦目
10000円かける → 負け = 損失-10000円

2戦目
20000円かける → 負け = 損失-30000円

3戦目
40000円かける → 負け = 損失-70000円

大体お分かりかと思いますが、この流れの中で「一度でも勝てば」そこまでの負け金は全てチャラ
1戦目に勝ったときと同じ賞金10000円を受け取ることができます

「コインの裏表は1/2の確率で当たるのだから、そうそう連続して負けが続くことはあるまい」
「ならば、次の1戦で逆転する可能性は50%、いけるいけるいける!」とこんな感じでしょうか

しかしながらこれは資金が無限にあると仮定した場合の話であって、現実では不可能に近い必勝法です

先の例でお話しましたが、100万円の初期資産に+20万円、更に追加で+20万円ぐらいなら人によっては可能な範囲かもしれませんが、更に負けが込み、次の資金のあては? と考えてみると、いよいよ生活資金に手を出さざるを得なくなり、最悪の場合、よそ様からお金を借りて充当、という流れもあるにはあります
ギャンブルでの危険思考、泥沼の状態というわけです

とはいえ、ここまで大きく負けてしまったのだから、大きく取り返そうとするなら大きく張るしかありません
「50万円を倍に」というのが目標で、その資金が30万円になってしまったのなら次は「30万円を三倍に」となってしまいます
それを可能にするためには、今までより大きなポジションを取るしかありません
大きなポジションを取るために大きな資金が必要となり、そのためにはどこかから資金を調達せざるを得なくなります

これが負け組たちの陥る「ポジポジ病」の正体です

大きく張ったからといって、負ける確率が高くなる、というわけではありませんが、負けたときの代償は今まで以上に大きいものとなります

「ローリターンでいいからローリスクな投資を」と考えていた初心はとうに忘れ去られて、いつの間にか「ハイリスクでいいからハイリターンな投資を」と考えるようになります

「商いを仕掛ける時はまず損金を積むべし」という格言がありますが、これは知っていても実行することが難しいことなのかもしれません

PR
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[06/27 NONAME]
[04/19 NONAME]
[03/20 NONAME]
[03/08 NONAME]
[03/02 NONAME]
連絡先
kyuden_3rin( ・д⊂ヽyahoo.co.jp
( ・д⊂ヽ → @

Copyright © 九電男はスイングトレードをしていたぜ! All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]