忍者ブログ
「株で絶対に負けない方法は、株をやらないこと」 約三年に渡る株式投資で1000万以上の損失を出した私、九電男が綴る株に関するブログです
[148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日の建玉 枚数 約定単価 約定日時  
なし        
         
今日の決済 枚数 約定単価 約定日時 損益
なし        
         
現在のポジション 枚数 含み損益    
ドワンゴ 2 1110    
トレンドマイクロ 200 11400    
興銀リース 100 1000    
カルビー(売) 100 -12807    
Dena(売) 100 -1458    
ラウンドワン(売) 200 700    
ソフトバンク(売) 100 874    
合計   819    
         
現在資産 1564718      
前日資産 1561878      
前日比 2840      



なんだ、この動き
個別も去ることながら、日経のチャートがおかしい
場中に140円も動いて、しかも大幅プラスからマイテンなんて日、今まであったか……?
オレの短い投資歴の中で、こんなの初めてなんじゃなかろうか

カオス相場が来てる……



前場、悪い気配から始まり、悪い気配のまま減っていくオレの資産が、後場から奇跡の逆転
ソフとかデナとか、何が起きたのかわからないような売られ方
特にデナなんか、材料が出たわけでもないのに、高値から100円近く売られてる

これどうなっちゃうの……?
オレのポジは未だに含み損だが、奇跡のプラテン利確、ありえるの……?
それとも明日からはまたゴンゴンなの……?



デナは2/20から見れば、文句なしの完璧な上昇トレンドに見える

1/19から見ても、デナは押し目を経て、これから更なる高値へと向かう綺麗な上昇トレンドに見える
25日線と75日線がゴールデンクロスしているし、順張りさんが喜んで買いたいチャートに見える

しかし去年の8/19から見れば、高値を超えることなく真っ直ぐ沈んだ下落トレンドに見える
週足では中期線と長期線がデッドクロスして、2月は上昇を抑えられているような展開
というか月足で見れば、デナの最近の上昇は急落に対してのリバウンドのようにも見える
となると当面は高値4330円を超えそうもないし、13週線の辺りは反落の根拠としてはありなんじゃないかと思う



つまりデナは、短期では買い、長期では売りなんじゃないかと……
まぁ直近の流れから見える買いの根拠に比べて、週足から見える売りの根拠はいまいち弱い気もする
波らしきものがないから、どこかで天井をつけるにしても、それがどこになるのかは分からない

しかし上昇トレンドというのは、直近の高値を超えていくことが前提となる
日足で見れば、直近の高値は2/14の2760円
これを超えていくのならデナは1/19に底をつけた上昇トレンド継続中ということができるだろう
今日の動きはともかく、昨日の買いを見た感じ、それくらいの上昇はありそうだ

しかしそれはあくまで短期的な話
週足や月足で見た場合、デナの高値は去年8/19の4330円となるわけだ
これを超えていかない限り、完全な上昇トレンド継続中とは言い難い
最近では上昇傾向にあるみたいだが、適当な位置で売られていくんじゃないかとオレは思っている

デナは2011年の安値ラインと思われる2800円辺りを大幅に割っての下落の末、1750円にとたどり着いた
この1750円は4330円からの押し目にしてはあまりに深すぎるように思う

安値を割っているんだから、高値も切り下げるのでは……?
となると、デナは下落トレンドになっていくのでは……?
となると、基本は戻り高値を売り叩くのがいいのでは……?

とまぁオレは思うわけだ
なのでデナは売り継続、と



オレが株を始めた頃によく参加したグリーやカプコンやコナミ
まぁゲーム関係に限らないが、オレはボラが激しそうな銘柄を喜んで買ったり空売りしたりしてきた

そのときは「損切り早く!」と意識していたためかほとんど損切りになっていた
しかし今からチャートを見直してみると、そのとき買いで入っていようが売りで入っていようが、いずれにしても利益で終われる決済ポイントがあったわけだ
オレがそのポイントまで待たずに切ってしまったから損が確定しただけで、耐えていれば助かったどころか儲かっていたことになる

ぶっちゃけあのときのゲーム関係は、買いでも売りでもどっちでもよかった
参加の方針よりも、決済の場所を考えるべきだった
短期では買いだったかもしれないが、長期では売り
逆に短期では売りで、長期では買いだった
などということが、日常的に起きていたってわけだ

オレが入ったポイントは天井でも底でもなんでもなかった
単なる途中経過の適当な位置をオレは「天井掴みだ!」「底値売りだ!」などと叫び、右往左往していただけの話
そもそも超能力者でもスタンド使いでもないオレが、そう易々と天井や底をゲットできるほうがおかしい



そこで思い至った
本来株なんてものは簡単なものなんだと

つまりこういうことだ
「オレの買った値段が最高値でさえなければ儲かる」

たとえばオレが買った日より以前のチャートを全て消去したとして、その後のチャートを作っていくに辺り、寄り天以外の形になれば全てオレの勝ちとなりえる
「こうなれば勝ち」なのではなくて「こうならなければ勝ち」というのが株式投資だ



デナやカルビーは未だに担がれているが、オレの売ったポイントが最安価でなければ、まだまだ逆転の可能性は残されている
デナが危なくなるのは4330円を超えてきたときであり、カルビーの場合は3950円だ
これらを突破するとなると、いよいよどこまでいかれるかわからない闇のゲームへと突入する
そうなる前に脱却ポイントの一つでもあれば、オレは助かるというわけだ

オレは株神様に導かれし方向へ張っている
値動き、見る必要なし……ッ!!

いいところへ来たときチャンスを取ればそれでよし
見守ろう、含み益も含み損も
うまい具合に動いてくれることを願いながら……



それにしてもエルピ……
値幅制限撤廃なんてことやるからとんでもねぇことになってる……
前日比-97.25%だぞ……
10000円が275円だぞ……
ワゴンに詰まれたクソゲーでもそんな割引ねぇよ……

オレがもしエルピぐらいの銘柄を買うとしたら、最小単元の1000、30万程度の投資金額だろうか
それがわずか一日で7000円になってしまう
それが今日のエルピの成れの果て

トレンドがどうとか言っていられるのは、比較的安全なデナやソフを触っている間の話かもしれない
30万が7000円なんてことになったら、11月から死に物狂いで蓄積してきた小さな勝利が全て宇宙のチリになってしまう

七尾や任天堂のような大企業がストップ安で張り付くこともある
エルピのような世界シェア3位とかいう凄そうな企業が-97%になることもある

生き残れるのか、オレは、こんな世界で
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/27 NONAME]
[04/19 NONAME]
[03/20 NONAME]
[03/08 NONAME]
[03/02 NONAME]
連絡先
kyuden_3rin( ・д⊂ヽyahoo.co.jp
( ・д⊂ヽ → @

Copyright © 九電男はスイングトレードをしていたぜ! All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]