忍者ブログ
「株で絶対に負けない方法は、株をやらないこと」 約三年に渡る株式投資で1000万以上の損失を出した私、九電男が綴る株に関するブログです
[58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日足 11月11日 11月10日 11月9日 11月8日 11月7日
資産推移 1384214 1385004 1399394 1370484 1368764
前日比 -790 -14390 28910 1720 -5710
           
週足 11月11日 11月4日 10月28日 10月21日 10月14日
資産推移 1384214 1374474 2393407 3245794 3258035
前週比 9740 -1018933 -852387 -12241 -54327



おい! 週足プラスだぞ!
陽線だぞ! 初陽線だぞ!?
これは買いだろ! 反転の兆しだろ!
九電男買いだろ! 九電ファンド、今来てるだろ、確実に!
長期移動平均を大幅に乖離したところを逆張りで買いだろ!
九電ファンド買いです! 今かなりお買い得です!!



……おお、資産が増えている
株を始めて、初週足プラス
まさに変化の兆し、成長を思わせる資産推移だ
いいぞ、このままいけば損失を取り返すことも可能かもしれない
鬱にならない土曜日は初めてだぜ……



一週間を振り返って見て思うこと
今週はシーラボの戻しとDCMの伸びがとにかく大きかった

今までのやり方なら、どちらも初期段階の下落と上昇で決済していたであろう銘柄たちだ
それを握ると決めたオレが含み損にも含み益にも耐え、持ち越しのまま様子をみることにしたわけだ
結果的には握り勝ち、握力の勝利、待っていれば道は開ける、といったところだろう
当然逆もあるだろうが、今週に限っては「決済せずに正解だった」といえそうだ



エントリーの仕方においては、今までの順張りから逆張りに変更
昨日も書いたが、下がっているところを買うことはメリットが大きいと考えている

高値で買ったら下がってきたときダメージが大きい
しかし安値で買っていたら下がってきてもダメージは小さい
高値で買ったら上がっていっても利益が小さい
しかい安値で買っていたら上がっていったとき利益が大きい

これ! この戦略!
今のところこの考えが功を成しているといってもいい
エントリーは逆張り
見込みのありそうなヤツを安いときに狙うってわけだ



今日から週末はその週のオレのブログを全て読み返すことにした
利益となった今はこんなことを書いているが、下がっている最中のオレの心境は、とても「利益が出る」「含み損は減っていく」と信じているとは思えない
ポートフォリオが下がった日は完全な意気消沈
「このまま死ぬのかなぁ……」とため息をついている様が浮かぶようだ

「握力!」と決めた以上、今週のオレはどんな心境でも握るしかなかった
実際に週足がプラスになった、という経験を得たからこそ、それが正解だったといえるわけだが、もし今週も変わらず大幅陰線で全然ダメな結果に終わっていたら、来週からはまた別の正しいかどうかもわからない挑戦的な戦略を考え出さざるをえなくなっていただろう

こういった心理状態が続いたら、またすぐにでも「投売り」をやってしまいそうだ
負けが込むと何をしでかすがわからないのがオレの深層心理の怖いところ
「戻ることもある」と体感することは、オレの心の成長に繋がるだろう
目標とする「狼狽しないオレ」に対して一歩近づけたといっていい

たかが9000程度のプラスだが、この初プラスは今後のオレに大きな影響を与えるだろう
現在の目標「損失を取り返す」ことに対しての最初の関門は「週足をプラスにする」ことだ
達成! 第一関門クリア! おめでとう! オレッ!ww



とまぁ喜びの賛歌はこの辺にしておいて……
来週はどうしようか


金曜夜のダウは強烈な上げ
日経先物の気配も強かった

そして買い持ちしかしていないオレ
おそらく月曜は利益だろう
九電ポートフォリオは引き続き上昇! と考えていいと思う

問題は、手仕舞いするのかしないのかだ

逆張り志向に移ったことで「良い日は売る」という方針ができた
ダウのトレンドを見る感じ、相場は8月からの下落ムードが終わりを迎えつつある、と考えていいだろう
なので「空売りして利益を狙う」なんてことはしないが、月曜はとりあえず売り目線で考えるべき日であることは間違いない
利益の出た銘柄を手仕舞いするチャンスだといえる



含み損は急いで切る必要はない、とオレの中で固まったが、利確については特に何も考えていない
しかし含み益が減るというのも立派な損失であるといえる
だってオレが毎日書いている資産の推移というのは、この含み損益を計算に入れたものだからだ

今は買い付け余力に乏しいし、新規建てするには難しい状況だが、決済ならできる
やはりここは昨日考えていた三候補の様子を見て、手仕舞いするのが正しいか……?
月曜上げた分、火曜は大下げが来るのかもしれないし……

でもそれはそれでチャンスといえるかもしれない
仮にダウが大下げして、地合いが悪くなっても、昨日書いたように、安くなった銘柄を新規で買い建てることはできるんだ

そのとき、余力がないんじゃ厳しい
下げた日を無駄に過ごしてしまう
九電ポートフォリオが打撃を受けただけで終わってしまう

一銘柄全力、仕手株本気狙い、とかならまた話も違ってくるんだろうが、今のオレは「ある程度の期間の保有を前提とした分散投資」なんだから、地合いの影響を強く受ける状態であると考えていい
つまり日経が下げた日は、オレの銘柄たちも少なからず下がってはいるわけだ
日経大下げなのに、オレの銘柄たちは爆上げなんてことはまずない
例外的に「チャートでこうだから上がった」という可能性はあるにせよ、複数の銘柄が同時にそうなるとは考えにくい
各銘柄の動きは様々なんだろうが、概ね下げ方向なのか上げ方向なのかは地合いによる、と言っていいと思う

ダウや先物の動きは、ザラバが始まる頃には全て確定している
オレのこの単純な考えが正ければ、下げる日は買い向かうチャンス、上げる日は手仕舞いするチャンスと置き換えることができる
月曜は上げっぽいので、今のオレの状態はまさに理想といえる
つまり「買い持ちたくさん、余力はなし」の状態だ

もしこれが逆なら買い向かうチャンスをマイナスで過ごしてしまう痛い一日となってしまうところだった

今の段階ではダウと先物の強気配を喜んで良さそうだが、火曜は大下げの一日かもしれない
ある程度ポジションを小さくして、余力に戻しておくのが賢明か?
上げがきても下げがきてもうまく立ち回れるように……
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
無題
ほぼ同じ金額運用してるぜ
勝負だあ
八電男 2011/11/13(Sun)14:26:29 編集
無題
>>八電男さん
どうも

種がオレの元種なのか、現種なのかによって印象が変わりますね、それ

でもオレは負けませんよ(・ω・)
ともに一電男を目指しましょう
九電男 2011/11/14(Mon)20:22:30 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/27 NONAME]
[04/19 NONAME]
[03/20 NONAME]
[03/08 NONAME]
[03/02 NONAME]
連絡先
kyuden_3rin( ・д⊂ヽyahoo.co.jp
( ・д⊂ヽ → @

Copyright © 九電男はスイングトレードをしていたぜ! All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]