忍者ブログ
「株で絶対に負けない方法は、株をやらないこと」 約三年に渡る株式投資で1000万以上の損失を出した私、九電男が綴る株に関するブログです
[423]  [422]  [421]  [420]  [419]  [418]  [417]  [416]  [415]  [414]  [413
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

好評につきまして、本日は「ナンピン」をテーマに講座を始めたいと思います

まず「ナンピン」とは何か
ほとんどの人は、以下のように認識していると思います

「買った株が下がってしまったので、買い付け単価を下げるために、追加で買う」

例を挙げますと、ソフトバンクが10000円になると思って、9000円で1000株買った
しかしなぜか崩れてきて、8000円になり、そこで更に1000株買った
これで現在のポジションは8500@1000となり、元の9000円に戻れば利益が出るぞ

と、このような感じでしょうか

しかし大抵の株攻略本や株攻略サイトには、ナンピンはしてはいけないと書かれています
その理由はナンピンをすることにより、より大きなポジションを持つことになり、戻らなかったとき致命的な一撃を食らうから、です

実際ナンピンを行ったことで大きく損をして、退場していった人は数知れないと思います
大きなポジションを持つというのは、リスクを多くとるということであり、今まで1テク下がった際に1000円マイナスだったのが、2000円のマイナスに変わってしまうということです

これだけ聞けば「なるほど、それならナンピンはやめよう」となりそうなものですが、ちょっと待ってください
悪い面だけ聞いて、それを全容だと思うのは、相場においてもっとも悪だと言っても過言ではない「思考停止」状態に陥っています

ここまで読んだのですから、ここは一つ、頭を空にして私の話を聞いてみましょう



ナンピンをわかりやすくゲームに例えてみたいと思います

コインを振り、表が出たら掛け金倍、裏が出たら掛け金没収、というごく単純なゲームです

最初に10000円賭けました
裏が出て10000円負けました
収支-10000円

次に20000円賭けました
裏が出て20000円負けました
収支-30000円

次に40000円賭けました
裏が出て40000円負けました
収支-70000円

次に80000円賭けました
裏が出て80000円負けました
収支-150000円

次に160000円賭けました

大体、私の言いたいことがわかってきたと思います

コインで裏が出る確率を1/2とするなら、4連続で負ける確率は1/16、つまり8%ぐらいです
160000円賭けた時点で、次も裏となり、5連続で負ける確率は1/32、つまり3%ぐらいです

このゲームの収支というのが、株でいうところの含み損です
ソフトバンクの例では、当初9000円から10000円までで、1000円上がればよかっただけですが、8000円の時点では2000円上がらなければなりません

ゲームの例では、損失を取り返すためだけに掛け金を設定していますが、これを株に置き換えるなら、8000円から1000円の上昇で予定通りの利益を獲得できることになります

現実の掛け金は無限ではありませんが、ナンピンを続けていけば、手持ちの株が上場廃止にならない限り、100%勝つことができるのです

これをナンピン必勝法といいます



しかし株では、この「倍額賭ける」というのが簡単には行えません
その代わり、元の株価に戻ること、つまり4連続でコインに負けた後、4連続で勝つことが期待できるわけです

あなたが最初にソフトバンクを9000円で買ったとき、上がると思ったはずです
その理由は、ファンダかもしれないし、テクニカルかもしれないし、株神のお導きかもしれないし、大口の大量成行買いを確認したからかもしれません

上がると思ったからには、できるだけ安いところで買えたほうがお得ですよね?
しかし株価は上がり続ける一方で、板の下のほうに指値を出すと、バスに乗り遅れるかもしれない
だから仕方なく高値を承知で買ってしまった
なのに、株価はどんどん下がっていく

普通、がっかりして死にたくなるところですが、落ち着いて考えましょう

できるだけ安いところで買いたい、というあなたの願いが今叶ったわけです
9000円だったときは、8950円ぐらいで買えたら奇跡だな、と思っていたところを、今はたったの8000円で拾わせてくれるというのです
突如として始まったバーゲンセールみたいなものです

あなたの当初の予定は、いくらでの利確ですか?

9000円で買って、10000円で売る
1000株だから10万円の儲けだな

とまぁこういったことを考えていたわけです

そんな中、なぜか始まったバーゲンセール
ここで更に1000株いっておけば、予定より、もっと大きな利益を得ることができるのです
含み損に耐えるという苦行を強いられてはいますが、儲けるチャンスが到来したというわけです

ナンピンは買い付け単価を下げるために行うのではありません
10000円になる、と思った読みに従い、新しく8000円で買うのです
最初に9000円のソフトバンクを2000株で買ったことと比べれば、10万もお得になっているのです
この10万は、最初に2000株いかなかったことで発生した「損をしなくて済んだ10万」なわけです

下がれば下がるだけチャンスが降ってきます
ソフトバンクが7000円になったとき更に1000株買い、その後予定通り10000円になったとしたら、どうですか?
最大の含み損は30万となりますが、利確は60万です
リスクが増える反面、リターンも大幅に増えているのです



含み損は損ではありません

あなたはソフトバンクが10000円になる根拠を持っているはずです
となれば、今の含み損はその過程の一つだということです

例えばファンダを理由として「ソフトバンクの株価は10000円が相応しい」と思ったのなら、安く買えるお得な期間にできるだけ多く仕入れたほうが儲けも大きくなります

最悪なのは、せっかくのチャンスをみすみす捨ててしまうことだと私は思います
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
無題
マーチンゲール法
参考程度ですが…
ど素人 2014/02/02(Sun)21:46:02 編集
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/27 NONAME]
[04/19 NONAME]
[03/20 NONAME]
[03/08 NONAME]
[03/02 NONAME]
連絡先
kyuden_3rin( ・д⊂ヽyahoo.co.jp
( ・д⊂ヽ → @

Copyright © 九電男はスイングトレードをしていたぜ! All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]