忍者ブログ
「株で絶対に負けない方法は、株をやらないこと」 約三年に渡る株式投資で1000万以上の損失を出した私、九電男が綴る株に関するブログです
[491]  [490]  [489]  [488]  [487]  [486]  [485]  [484]  [483]  [482]  [481
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は、絶望について書きます

トレードをやっていると、大損することがあります
金額は人それぞれなのであえてパーセンテージで書きますが、一日で10%マイナス、一ヶ月で30%マイナス、半年で50%マイナス、といったことが株の世界では起こります

株式投資を始めてみようと思った人は、証券会社に口座を開く資格を持ち、それなりの投資資産を持ち、且つそれを自由にできる立場にあるわけですから、そこそこの年齢を重ねているものと思います
となれば、これまで人生色々、腹の立つことや悲しいこと、誰かを不幸にしてやりたいと思ったことや、いっそのこと死んでしまおうかと思ったことの一度や二度、あると思います

そこで、株式投資を行う上で仮に大損したとき、人はどういった絶望を味わうのか、私の例を使って段階的に説明してみようかと思います

一段階――怒り

単純明快、怒りです
この「怒り」という感情を知らない人はいないと思いますので、説明するまでもないと思います

怒りの質としては、思い通りにいかなかったことに対する怒り
小さい子供がお母さんに玩具を買ってもらえないから、という理由でダダをこねるのと全く同じ性質のものです

なぜオレが買った途端下がるんだ!
ふざけるな! 金を返せ!

とまぁこういったことです
特別負け組でなくとも、買った株が大きく下がることは日常的にありますので、株式投資において怒りを感じたことのない人はいないでしょう
もっともポピュラーで、もっとも初期的な絶望です

二段階――悲しみ

怒りの次は悲しみがやってきます
たとえるなら今日買った株が前日比-10%で引けて、期待をかけた翌日更に-10%になってしまったとき、などでしょうか

玩具を買ってもらえない子供の例で言えば、ダダをこねたものの、お母さんは結局次の買い場へ行ってしまうので、このまま粘っていてもどうしようもない
仕方なくお母さんの後を追いかけることにしますが、買ってもらえなかった玩具が頭にちらつき、何をしていても玩具で遊んでいた自分を空しく想像してしまう
こんなところでしょうか

悲しいとき、というのは人生様々な局面で訪れますが、怒りの次にやってくる悲しみ、つまり絶望への途中経過ともいえる悲しみは、他の悲しみを逸していると言えます

なぜ自分だけがこんな目に遭うのだろう
神様はオレのことが嫌いなんだろうか

というように、やり場のない怒りを越えて、やり場のない悲しみに心が支配されます

三段階――空虚

悲しみを越えての絶望は、空虚です
頭の中がからっぽになります

前日比-10%、その翌日更に-10%、そして更にその翌日-10%
まぁこうなることは稀ですが、第二段階の悲しみ状態のときに更なる絶望を味わうと、この空虚がやって来るということです

画面に映る多大な含み損は、見えてはいますが、脳がそれを認識してくれなくなります
見たこともない金額がマイナスとなっていて「これはもしかして夢なんじゃないか?」と現実逃避に走り出します

何をしていても株で損をしてしまった「現実」だけが頭の中にあって、日常生活をまともに送れなくなってしまいます
誰かに声をかけられても第一声では反応できず「えっ?」と聞き返してしまいます

大抵の人は、この第三段階で株を危険なものと認識し、含み損を決済する覚悟を決めます
そして二度とこんな絶望を味わいたくない、と心機一転、株から足を洗うことを決意し、株式投資の世界から去っていくでしょう

なので、普通の感覚の人はこれ以上の絶望を味わうことはありません
空虚を越えてからの絶望は一般人がまず踏み入れることのない闇の世界
私の経験から次の段階を説明しましょう

四段階――愉快

意外かと思います
空虚の段階を超えて更に大損、つまり絶望を味わうと愉快な気持ちになります

まるで観覧車に乗って、徐々に高みへ登っていくかのような愉快です
今まであったこと、これから起こるであろうこと、そういったことは頭にありません
ただもの凄い勢いで減っていく資産の動きが、あまりにファンタジーで現実味がなく「それいけー♪ もっとやれー♪」と止め処なく膨らむ風船を応援しているような気持ちになります

「ハイになっている」というのが一般的には近いかもしれません
もはや大損していることよりも、目の前で起きている理解の及ばない不幸があまりに他人事で面白おかしく「このままいったらオレどうなるんだろうな」と、未だ味わったことのない世界をこれから味わえるというwktkが心を支配します

翌日に資産が戻すことよりも、このまま含み損の新記録を作っていってもらいたい、とさえ思えてきます

人間の心は、理解を超えるものと出会ったときの防衛本能として絶望の中にも愉悦を生み出すように作られているのかもしれません

五段階――空虚

書き間違いではありません、再び空虚です
ただ第三段階の空虚とはレベルが違います
この段階の空虚は「他のことがどうでもよくなる」というのがつきます

ここまで来ると、もはや何をしていても株のことが頭から離れません
今まで減ってきた資産がもし戻るなら、他の不幸は何でも受け入れる
生みの親が死のうが、仕事を首になろうが、交通事故で半身不随になろうが、全て受け入れる
だから株の損失だけはどうにかして欲しい、といったことを考え始めます

もっとも他で不幸になったところで株の利益とは何の関係もないのですから、単に不幸を上積みされてしまうという無意味な願いですが、それくらい損をした事実が重く頭にのしかかります

借金をして株をやり始めるのはこの段階からだと思います

普通の神経なら「借りてギャンブルをやるなんて狂っている」と判断するのでしょうが、この段階まで絶望してしまった人は、そんなこと考えません
「借金を返せなくなったら」という未来に起こるかもしれない事実よりも、株の損失を何とかできるかもしれない希望のほうを選んでしまいます

しかし頭の中には「損を取り返したい」という考えしかありません
「儲けるにはどうすればいいか」「何に失敗したからこうなったのか」「反省点は? 改善点は?」というような賢明な考えは一切頭にありません

ハイリスクでもハイリターンな投資を繰り返し、一刻も早く損失を元通りにと願ってしまいます

六段階――絶望と祈り

いよいよ末期の状態です
ここまできてやっと「絶望」という言葉が使えます

絶望というのは、簡単に言うと「夢も希望もない状態」を指します
つまり「これ以上どうすればいいのかわからない」ということです

この段階に至るまで、様々な投資法を試してきたと思います
ニュースに踊らされたりしたこともあれば、テクニカルを本気で考えたこともあるでしょう
そしてその全てに裏切られ、大損をし、ここまで来てしまった、というわけです

もはや人知を越える出来事が起きているとしか思えなくなってきます
人の手ではどうしようもない何かがオレを殺しにかかっているんだ、と本気で信じるようになります

しかしそれでも人は救いを求めるものです
むしろ絶望の淵に立たされているからこそ、救われたいと願うようになります

これまでに様々に裏切られてきたわけですから、もはや頼れるものといえば人知を超えた存在、つまり神しかないと信じ込み、特に信心深い人でなくとも神に祈りを捧げることになります

助けてください
今度だけ救ってください
何でもします
だからお願い株神様
オレを助けてください



最終段階――真の絶望

私が考える真の絶望は「悟りを開く」「全てがどうでもよくなる」です

株で損したところで死ぬわけじゃない
でももし借りた金で揉めて死ぬときが来たら、そのときは死ねばいいじゃん
別に今、あれこれ考える必要はないよね?
アニメでも見ようっと

と、まぁこのような感じで、何事にも動じなくなります

一般の人にもわかるように簡単に言えば「死を覚悟した状態で普通に生きる」というのが適切な表現でしょうか
いついかなるときでも自分はふとしたきっかけで死ぬことになるだろう
でも別にそのときが来たら潔く死ねばいいだけの話で、くよくよ悩むだけ時間の無駄
それなら今あるこのときを好きに生きとくか、といった感じで、ある意味前向きな思考回路になります

やや不謹慎な話になりますが、余命何ヶ月と宣告された人の心理に似ているかもしれません
宣告されたときは相当悲しい思いをしますが、最終的には「今ある時間を大事に」と考えるようになっていきます
むしろ交通事故などで即死するよりも、死ぬ準備を整えるだけの時間がもらえてよかったとさえ考えるでしょう



人は、どんな絶望を味わっても最後は前向きに考えるものなのかもしれません
人の力ではどうしようもないことというのが人生ではたびたび起こります
そのときにいちいち怒ったり悲しんだりしていては疲れてしまうだけです
「どうでもいいや」「どうにでもなれや」と全てを放棄し、今を生きるというのが最終的な人間の姿だと私は思います

よく株式投資で損をして「死にたい」と言う人や、実際に自殺をしたりする人がいますが、私に言わせれば、せいぜい第三段階の空虚を味わっているだけのことです
もっと先の深い絶望を味わったことのない甘えた人たちだと思います

いやむしろ、その先の世界が怖いから、そんなものを味わうぐらいなら死んでしまいたいと考えるのかもしれません
精神的に未熟なお子様な考えといえるでしょう

私はここに記した最終段階の絶望を味わいましたが、未だ生きています
しかも精力的にブログまで更新しています

私が自殺をしないのに、それより甘い損や甘い絶望で死にたい死にたいなどと言っている人たちは、なんて幼い甘えん坊なんだろうと思います

株の損なんてどうとでもなります
どうせ人間、ふと会社へ行こうと思ったら居眠り運転のトラックにはねられた程度の不幸であっさりと死んでしまいます

今、生きている

それだけで十分幸せではないでしょうか
私は大損に次ぐ大損を経験し、仕事を失い、日雇い労働の最底辺の身分ですが、今はそんなふうに思います
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
無題
いいねえ
文才あるよ
作家なれるよ
また市場で遊ぼうぜ
9電車の復活キボン
鬼太郎 2014/07/14(Mon)02:28:09 編集
無題
文才あるよな。

絶望についてはいい線いってる。陰を極めると陽転するらしい。

が、対処が難しいのは継続的な身体的痛み・苦痛に起因するものなんだ。

NONAME 2014/07/14(Mon)08:53:17 編集
無題
くだらね
ぐちゃぐちゃ言ってないでさっさと精神病院いけボンクラ
NONAME 2014/07/14(Mon)20:52:33 編集
無題
ふーん、薄いね。


絶望は、期待の影。
見えない恐怖が、期待の影を大きくする。
損切りにより、恐怖がはっきり見えるようになる。
恍惚感に似た解放感により、一瞬幸福感を感じる。


NONAME 2014/07/15(Tue)07:24:52 編集
無題
あなたは極めし者ですね。
NONAME 2014/07/16(Wed)01:53:42 編集
無題
パチンコなどギャンブルも同じ心境。出ないときは銀行の残高0まで行ってしまいました。でも雨られません。
NONAME 2014/07/16(Wed)15:06:26 編集
無題
どうも
文章長いな 文才あるか知らんけど
頭の薄い俺には 読むには一苦労やぞ

何かよーわからんけど
俺は君以上に負けたけど
段階とか よくわからん

どうなってもいいとか思ったこともあるけど
所詮一時的なもの

時がたてば 戻る
つまり 段階を経るのではなく
俺に言わせると 一時的な感情

まあ学習能力ないから その後も
負け続けて 
退場とか 恨みとかいろいろあったけどね

アベノミクスのアホみたいな相場で
ちょっと取り返せて
市場に復帰できたよ

俺的には 地合いというか 運に
助けられることもあるのかなあと思ってる

そのうち ロスカットとかも 覚えて
以前みたく 無茶苦茶な負け方はせんくなってきた

ような気がする
まあ 今でも 厳しいけどね

何とか ギリギリやってる感じ

いつか元金奪回して

相場見返してやらあとおもてる
ポラリス 2014/07/19(Sat)10:12:45 編集
無題
九電男

お前は株式投資をしない時点で負け組が確定する
このことに紛れなどない

このまま人生を無為に過ごすことができれば不幸中の幸いだが現実はそうならない

年を取るということは失うということ
視力、体力、脚力、健康、情熱、仕事…全てを手放す過程だ
今以上に尻すぼみの人生が待っている
今みたいに日雇いのような肉体労働をしてる時点で
人生の好転は有り得ない…お前は失い続ける人生が確定する

老年期は愚者にとっては冬であるが、賢者にとっては黄金期である

どうすれば老年を黄金期として過ごせるか考えることだ
NONAME 2014/07/20(Sun)13:37:42 編集
無題
それ見たことか。
まさに、その気分です。

極めたとか行ってる時点でだめ。
まずは、謙虚で自信があっても最初は
疑いから始まる。そして、あるときに確信にかわる。

だから、あなたは負け組になってしまったと思います。
NONAME 2014/07/23(Wed)23:12:14 編集
無題
ベルセルクで言うなら因果律といったところか
NONAME 2014/07/25(Fri)06:13:58 編集
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[06/27 NONAME]
[04/19 NONAME]
[03/20 NONAME]
[03/08 NONAME]
[03/02 NONAME]
連絡先
kyuden_3rin( ・д⊂ヽyahoo.co.jp
( ・д⊂ヽ → @

Copyright © 九電男はスイングトレードをしていたぜ! All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]