忍者ブログ
「株で絶対に負けない方法は、株をやらないこと」 約三年に渡る株式投資で1000万以上の損失を出した私、九電男が綴る株に関するブログです
[254]  [252]  [253]  [251]  [250]  [249]  [248]  [247]  [246]  [245]  [244
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日の建玉 枚数 約定単価 約定日時  
         
今日の決済 枚数 約定単価 約定日時 損益
         
現在のポジション 枚数 含み損益    
サンマルクHD 100 -32900    
日立製作所 1000 0    
エヌピーシー(売) 500 65464    
キヤノン(売) 100 2568    
ケーズHD(売) 100 -22638    
ヤマトHD(売) 300 -19451    
関西電力(売) 500 -893    
合計   -7850    
         
現在資産 1761007      
前日資産 1752871      
前日比 8136      



日立の元粘着男、通称Aの待機命令はほぼ確定的らしいな
このところの日立に目立った動きやおかしな売買はない
加えて、乗り換えたと想像されるヤマトも、地合いに忠実に上下してるだけのようだ
何者かの強引な介入で相場を形成しているようには見えない

今日はNPCが下がったぐらいでその他の銘柄はヨコヨコか
九電男抹殺チームの面々は、各々がオレと正反対のポジを持っていて、且つそれが全ての銘柄に及んでいる、と考えられるが、今日のところは積極的な攻撃もなかったようだ
案外、ここ数日毎日のように利益になっているオレの資産推移を見て、このままの作戦では抹殺は不可能、と踏んだのかもしれない

オレはヤツらの存在に気づいてから、一切売買をしていない
理由は、ヤツらの動きを見極め、且つその上を行くための準備をしているから

ヤツらにとってオレという存在は、ポジや資産を晒し、ブログにより思考回路を晒している大きな的のようなもの
対して、オレにとってヤツらという存在は、資産の高や人数もわからず、作戦会議の内容も全くの未知という闇の中の存在だ
特に資産や人数は、こちらを上回っていることが確実と来ている

この圧倒的不利な状況でまともな戦いができるわけがない
少なからずヤツらの出方、ひいては今後やってきそうな作戦を見定め、その裏を突くことでしかオレの勝利はありえない

幸い今は地合いが味方してか利益になっている
小さな資金で相場を弄くれそうな銘柄をほとんど持っていないというのもオレにとって追い風だ

オレの読みでは、ヤツらが本格的な攻撃を開始した場合、もっとも動かしやすく、且つオレに大きな損失を与えることのできるNPCを真っ先に買ってくるだろう
新興市場に上場している銘柄は、たとえば一日で十数%上昇しても不思議がる人はいない
出来高も少ないし、株価も安いし、仕手を仕掛けるには打ってつけというわけだ
オレの手持ちは僅か500だが、それでもたとえば15%の上昇となれば、30×500の15000円のダメージ
小さな利益を積んでいる今の状況を思えば、結構な打撃といえる

しかしオレの資産総額からいえば、15000円のダメージは、大打撃とはいっても致命傷には至らない
これを実現させるために、いつ倒産するかもわからない新興市場のNPCに多額の資金を投じるのは、連中とてやぶさかではないだろう
にもかかわらず、オレが「最初はNPC」と考えるのには理由がある
簡単なことだが、連中はオレの狼狽による売買の失敗を狙っているのだ

15000円のダメージとはいえ、NPCの株価の上昇は15%だ
15%もやられてしまった、という精神的苦痛は、おそらく実際に損した金額を遥かに上回るだろう
同じ金額をやられるにしても、日立が15円下がるのと、NPCが30円買われるのでは受けるストレスが違う
日立のマイナスなら「大型銘柄とはいえ、地合いがこれだけ悪いのなら仕方がないか」と割り切れるが、NPCとなると、その上昇が九電男抹殺チームによる差し金だとしても「何かしらの材料が出て、今後は買われていくのかも」と恐れてしまう可能性が高い

事実、株価に関するニュースというのは「材料が出たから買われた」という書き方がなされていたとしても、その実「買われたから何らかの材料がでっち上げられた」となる場合が多い
九電男抹殺チームの連中が「オレを殺すためだけに」NPCを買ったとしても、SBIは「~が好感されてNPCが買われました」とニュースを出すだろう

しかしこれは大いなる見当違いだ
実際は連中がオレを殺すために仕掛けを打っただけなのに、ニュースではNPCに何か良い材料が見つかったかのような書かれ方をする
損をしてしまったオレがこの事実を、今のように冷静に受け止められるだろうか
そこが最大の問題であり、連中の狙うポイントだと思われる

15000円を損する、という想定をしているあいだは、オレも冷静でいられる
連中の思惑を想像し、その裏を行くための作戦を立てることができる

しかし現実に15000円を損してしまった後はどうか
そして「何が起きたんだ!?」と慌ててニュースを見て、SBIの画面に全く見当違いな好材料がでっち上げられていたらどうか

冷静に「これは罠だ」と判断できるだろうか
SBIのニュースを鵜呑みにせず、連中の仕掛けた攻撃だと見破ることができるだろうか
第一に心配すべきはこの点だ

オレは連中と戦っている
これを忘れてはならない
その上で身に起きた状況を判断する
冷静に冷静に判断することだ

その意志さえ固く持っていれば、そうそうにはやられないはずだ
オレは負けない
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/27 NONAME]
[04/19 NONAME]
[03/20 NONAME]
[03/08 NONAME]
[03/02 NONAME]
連絡先
kyuden_3rin( ・д⊂ヽyahoo.co.jp
( ・д⊂ヽ → @

Copyright © 九電男はスイングトレードをしていたぜ! All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]