忍者ブログ
「株で絶対に負けない方法は、株をやらないこと」 約三年に渡る株式投資で1000万以上の損失を出した私、九電男が綴る株に関するブログです
[402]  [401]  [400]  [399]  [398]  [397]  [396]  [395]  [394]  [393]  [392
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

-7000


そら、見ての通りだよ

寄り付きで一瞬助かり、場中にもう一回だけ助かり、最後はこのザマだ
小幅安でなにを、と思うヤツら、よく聞け

ソフトバンクは「オレが買うまで」ずっとニッサキより強い動きを見せていたんだぜ?
ニッサキとて無敵ではないから、下げる日もあろう
そして値嵩株のソフトバンクが先導して下げる日もあろう

しかしたとえばニッサキが2%下げたなら、ソフトバンクは1.5%の下げ
逆にニッサキが1%上がったなら、ソフトバンクは2%以上の上げ
とこのように、常に指標に勝る成績を残してきたんだ、ソフトバンクは

しかしオレが買ってからというもの、このザマ
昨日のカチ上げ日は雑魚い動き
今日なんて、最後はニッサキプラスだったというのに、小幅安とはいえ、ソフトバンクマイナス
全てはこれ、オレが買ったから

第一、オレに利確できるチャンスなんてなかったろう
そりゃ一時的に買値を超える瞬間がなかったわけではないが、最大で7万以上もの含み損を記録しておいて、含み益になっている瞬間なんてほんの2万ぽっちだ
まるで有利じゃない極悪なギャンブルそのものだ
オレが買わなければ昨日も今日も高値をずんずん更新していったというのに、オレが買ってしまったからな、はは


株価はどうやって決まるのか
未だにニュースだのチャートだのとほざいているヤツにもう一度言いたい

株価は株神様という世にも奇妙な神秘的な存在が決めているんだ
オレは彼女を崇拝し、崇め奉るための祭壇まで用意して、一日一時間弱の祈りを毎日欠かさず捧げてきたが、これは無駄に終わり、オレは彼女のご神体を破壊するに至った
そのため彼女に嫌われ、彼女はオレが望む方向とは逆の奇跡を起こすようになり、オレは大損を記録し、ブログに毒を吐きまくり、今やネット、リアルともに嫌われ者となってしまっている始末だ

けっ

そうだよ、どうせオレはゲスな人間だよ
不幸でも何でも起こせや、ゴミ
死ぬときは可能な限り周囲を道連れにし、死んだ先では神を殺してやる
今やそれだけが、その恨みだけがオレの生きる原動力になっている


アリババとかスプリントとか何だと抜かしているがな
頭を冷やして、冷静になって、よーく考えてみろよ

オレと、アリババと、どっちの影響力がでかいんだって話だ

むしろ考えるまでもない

オレだ
オレのスタンド能力が上だ
株神に呪われたオレが起こす奇跡のほうが圧倒的に上だ

何が起ころうとソフトバンクは下がるね

いや仮に上がるとしても、それはオレがふるい落とされた後の話だ
8000とか7000とか、ある日壮絶な下落が来る
そしてオレは殺され、物に当たり、動物に当たり、やがては人を殴るだろう
西田の傷は未だ治らず、オレの面を見たら、真っ先に怯える始末だ
ふ抜けた野郎だぜ、マジで

いいか、オレが買い持ちしているあいだは、呪いがかかっているんだ
その呪いが解けるのは、オレが消えたときだ
逆に言うなら、オレが生きている限り、呪いは解けない

断言するね
ソフトバンクの買い豚は、オレを含めて全員死ぬ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
長い
明日から三行で頼む
山路 2013/12/21(Sat)08:18:57 編集
無題
本当はソフトバンク上昇、期待してるやろー!

NONAME 2013/12/21(Sat)21:43:22 編集
無題
ソフバン空売りした。
サンキュー
NONAME 2013/12/22(Sun)13:42:50 編集
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/27 NONAME]
[04/19 NONAME]
[03/20 NONAME]
[03/08 NONAME]
[03/02 NONAME]
連絡先
kyuden_3rin( ・д⊂ヽyahoo.co.jp
( ・д⊂ヽ → @

Copyright © 九電男はスイングトレードをしていたぜ! All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]