忍者ブログ
「株で絶対に負けない方法は、株をやらないこと」 約三年に渡る株式投資で1000万以上の損失を出した私、九電男が綴る株に関するブログです
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あの日、オレは怪物を見つけた
オレを三年以上に渡って苦しめてきた株神という怪物を

ろくに更新もされていないオレのブログによってくる蛆虫様への株攻略のヒントを送ってしまうが、書くことにした

ルパンを打っていたときのことだった
金保留が出て、フジコゾーンに入って、仲間三人来て、とまぁパチ打ってないヤツには全くわからんことをわざわざ書くが、要は「かなり当たりが期待できる演出」が来たんだよ

一応補足しておくと、パチには確変っつーのがあって、一旦当たって「ハイ出玉何発、何円の儲けよかったねー」とはならないんだ
最初の当たりの出玉なんて、せいぜい1000発ぐらいで、金額にして3000円ぐらいなんだよ

しかし、この当たりが次の当たりを連れてくる
そして次の当たりは出玉2000発、そしてさらに次の当たりは出玉1500発、そしてさらに次の……というように、確変が続いている限りずーっと当たる

ずーっと出玉が出続ける
ずーっと金が増え続ける

簡単に言えば、最初の当たりってのは、このボーナスステージに入るための入り口みたいなもんだ
とりあえずご祝儀の1000発を頂いて、さてここから何連荘するのかな? とこういう楽しみ方をするのがパチってわけだ

で、本題の金保留+フジコゾーン+仲間三人が来て、結局これは最終的に+20000発の当たりとなり、まぁ6万円強のプラス収支で帰ることになったんだがな

オレはこのとき、怪物と出会った
オレを三年以上苦しめ続けた株神という怪物に

当たりが期待できる演出が来たとき、オレはこの日一番喜んだ

いいか?

出玉が出ている真っ最中ではなく、出玉を換金するときでもなく、換金した金を財布にしまうときでもなく、お祝いの刺身と酒を買って帰るときでもなく、酒を飲んで西田と派手に騒いでいるときでもなく、当たりが期待できる「演出」が来たときにオレは喜んだ

つくづく奇妙な話だ
当たりが期待できるとは言っても、30%ぐらいは外れるような演出だ
このアツい演出を外したBBAや爺はたくさん見てきているし、自分で外して台パンしたこともある

出玉を換金してこその本当の勝利であるはずなのに、勝利を味わう瞬間以上に、勝利を思わせるタイミングで喜ぶ
しかしこれこそが、単に同じ姿勢で銀玉を打ち続けるという超つまらん上にしょぼい博打であるはずのパチを最高の娯楽へと押し上げる唯一の答えだ

もうここまで書けばわかるだろう
株神は、オレの脳の中に住んでいる

利益を確定させる瞬間よりも、株を買った瞬間こそが最高の喜び
プラスマイナスゼロのポジションがこれからどれほどの利益を連れてきてくれるのか
今日全力でソフトバンクを買ったことによって、今日まで2chでオレを小ばかにしてきた連中にどれだけのメシマズ感を与えられるのか

それだけを考えて、株を買う
現実に得られる損益は二の次

人間は損益のためではなく、期待感で株を買うわけだ
これがどこを探しても見つからなかった株神の正体だ

お前ら蛆虫様はこういうだろう
株を買うのは利益のためだ、儲けるためだと

それは違う
蛆虫どもは「利益になるかもしれない」という期待感を味わうためだけに株を買っているんだ
上がるかもしれないという期待感を味わうために



オレを特別バカな人間だと思っているだろう?
パチにハマる人間の戯言だと思っているだろう?
そんなことばかり考えているから株でもパチでも負けるんだと思っているだろう?

いいとも、せいぜい罵るがいい

しかしこれだけは言っておく
今日のオレの記事を笑うヤツは一生株では勝てない
一生を蛆虫様のまま終えるだろう

株神の正体を見破ったオレは変わる
PR
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[06/27 NONAME]
[04/19 NONAME]
[03/20 NONAME]
[03/08 NONAME]
[03/02 NONAME]
連絡先
kyuden_3rin( ・д⊂ヽyahoo.co.jp
( ・д⊂ヽ → @

Copyright © 九電男はスイングトレードをしていたぜ! All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]